本文へ移動

乳がん検診

上記予定で診察、検査を行いますが手術や放射線技師のお休み等により検査を行えない場合がございますので、あらかじめお問い合わせください

・土曜日午前中は隔週で検査を行いますのでお問い合わせください。

 

 

 

 

乳がん検診を受けましょう

近年、日本では乳がんにかかる率とともに死亡率も急増しています。現在では40歳以降の日本人女性の20人に一人が乳がんにかかっています。このままの勢いが続けば、やがて10人に一人が乳がんになる時代がくるかもしれません。有効な検診システムを確立することが急務です。こうした背景から本邦でも2000年代になりマンモグラフィ検診が導入されています。しかし、欧米と比較すると日本人女性は若い時期(40歳代)に乳がんにかかる人が多く、マンモグラフィ検診の有効性には疑問符がつきます。とういうのもマンモグラフィは乳腺組織が委縮し脂肪に置き換わっている高齢者には有効ですが、乳腺組織が発達している人では、がんを見つけ出すのは容易ではありません。そこで期待されているのが超音波検査です。にしはらクリニックではマンモグラフィに超音波検査を併用する検診をお勧めしています。

 

日本超音波学会専門医・指導医 西原謙二

マンモグラフィ
 
超音波検査

 マンモグラフィでは乳腺組織、乳がんともに白く見えます。右側に乳がんがあるのですが、乳腺組織と重なり指摘は困難です。

 

 

 同症例の超音波検査では乳腺組織は比較的白く、乳がんは黒く見えたので同定は容易でした。超音波ガイド下に細い針を腫瘍に刺して細胞を採取し、がんであることを確認しました。

 

乳腺科ヘLink

医療法人正祥会
にしはらクリニック
〒751-0832
山口県下関市生野町2-33-10
TEL.083-251-1167
FAX.083-251-1186

メディカルスクエア
下関健診クリニック
〒750-0025
山口県下関市竹崎町4-4-8
シーモール下関5階
TEL.083-242-1167
TOPへ戻る